« 小笠原諸島 | トップページ | 外国の現地語は多い »

2007年2月14日 (水)

ハワイ・ニイハウ島

ニイハウ島という名前をはじめて知った頃、かなり驚いた記憶があります。

なぜ驚いたかというと、ニイハウ島はハワイの有人島の中でも唯一個人がまるごと所有している島で、19世紀からずっと、一般人は島へ自由に訪れることが出来ず(他人の私有地だから当然っちゃあ当然ですね)、200人余りの島民は今でも古代から伝わるハワイの伝統的な生活をしている、と何かの本に書いてあったからです。

なんか一瞬、ニイハウ島の住民ってもしかして島の所有者によって閉鎖された世界で生活してるんじゃ。。。

って思ってしまっていました。

それでなんとなくウィキペディアでニイハウ島を検索してみました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%82%A6%E5%B3%B6

>ニイハウ島民は外部世界とまったく接触がないわけではなく、船でオアフ島へ買い出しに出たり、他の島に移住している親類宅を訪問しているなど、一般に知られているよりも自由な生活を送っているようである。

なんだ。そこそこ自由なんすね。私の思い過ごしでした。。。

今回は以上です!

|

« 小笠原諸島 | トップページ | 外国の現地語は多い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/221431/5317294

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイ・ニイハウ島:

« 小笠原諸島 | トップページ | 外国の現地語は多い »